トップ / 相続問題は誰から誰までが対象?

相続問題何処まで対象内か

相続問題は誰から誰までが対象?

誰から誰までが相続出来る?

相続問題に関して、遺産を相続することができるのがどこまでの親族化ということに関しても、もめてしまう原因のひとつだと言えます。親が亡くなった途端に聞いたこともない親族が次々に登場するといった話は、古今東西でよく聞かれる話だと言えるでしょう。

実際に、遺産相続の対象となる親族は、いったいどこからどこまでの親族を指すのでしょうか。遺産相続の順位には、法律上で明確な規定が存在していますので、まずはその規定に照らし合わせて考えていくと良いでしょう。

遺産相続で親が亡くなった際、相続の権利が最初に生ずるのは親の配偶者、つまり夫か妻になります。そしてその次に亡くなった方の子供が対象となります。子供がすでに亡くなっているような場合には、その子供、つまり亡くなった方の孫が対象となります。この孫までの相続対象者のことを、法律的には「第一順位」と呼んでいます。

法律上で「第二順位」と呼ばれる対象者は、亡くなった方の親です。親が亡くなっている場合には、その親、つまり亡くなった方の祖父母がこの「第二順位」にあたります。

そして、法律上で「第三順位」と呼ばれる対象者は、亡くなった方の兄弟になります。亡くなった方の兄弟がすでに他界している場合には、亡くなった方から見て甥や姪に当たる人がこの「第三順位」にあたります。

このように、相続に関しては法律的に明確な順位付けがなされていますが、この順番には例外も存在します。それは、遺言書がある場合です。

法律上有効な遺言書がある場合、この順位は無効になり、遺言書に記載のあるとおりに遺産相続が行われることになります。また、遺言書の中に血縁関係にない方の名前がある場合、その方に優先的に遺産相続が行われます。

つまり、遺言書に書いてある内容は絶対的なものであり、法律上有効な遺言書であればそれに従わなければならないのです。