トップ / 揉めやすい相続問題は弁護士に

相続問題何処まで対象内か

揉めやすい相続問題は弁護士に

弁護士に相続問題は相談する

前述したように、遺産相続に関しては遺産の種類、遺産相続の順位など、法律上に様々な取り決めが存在しています。また、法律上有効な遺言書がある場合には、それに従って相続が行われることになります。

それにもかかわらず、遺産相続にはトラブルが絶えないのが現実です。法律の隅をつついて遺産を少しでも多くせしめようとする悪い親族が居たり、相続対象者同士で実際の分割を巡ってトラブルになったりということは日常茶飯事だと言えるでしょう。

このようなトラブルを回避するためにも、遺産相続を行う際にはまず弁護士に相談することが最適な選択肢となってきます。遺産相続で迷ってしまった場合には、まずは弁護士へ相談しに行くことが大切です。

弁護士法72条によって、遺産相続の問題に関する紛争や遺産分割の交渉や調停などは、弁護士でなければ取り扱うことができないと規定されています。つまり、弁護士は遺産相続のプロなのです。

弁護士に相談することで、遺産相続の法的根拠が明らかになり、相続がスムーズに行われることも多くなっています。法的根拠を明らかにして交渉を進めることで、裁判沙汰にまで陥らずに遺産相続問題を解決していくことも可能になると言えるでしょう。

また、弁護士に頼ることで遺産相続に関する様々な手続きについてのアドバイスをもらうことができたり、債権などが多い場合に遺産の相続放棄をすべきかどうかのアドバイスなどももらうことが可能です。

相続問題のトラブルを抱えていない場合にも、トラブルの予防のため、そして相続をスムーズに進めていくために弁護士に相談することは最適な選択肢だと言えるでしょう。