トップ

相続問題何処まで対象内か

相続問題はもめやすい

相続問題はもめる原因に

自分の親が亡くなってしまうことは悲しいことですが、そんな親が苦労して築き上げた遺産に関しては、適切に管理して相続を行うことが大切だと言えるでしょう。ただ、遺産相続には、様々な問題が持ち上がりやすいこともまた事実です。相続問題を弁護士に相談することになってしまうようなケースも、珍しいものではなくなっています。

遺産相続をする際に問題になりやすいのが、兄弟間における相続を行う場合です。特に、親が亡くなったあとに久々に顔を合わせたような兄弟間での話し合いや、そもそも仲が良くなかった兄弟間での話し合いにおいて発生するような場合が多くなっています。

さらに、相続の割合や生前の親子関係等においても相続による問題は起きやすくなっています。例えば、兄弟のうちの一人が親の介護を行っていた場合、長男が家や土地などの財産を独り占めしてしまうような場合、親の財産が土地や家などに集中しており、分割して相続することが難しい場合などが挙げられます。

介護を兄弟のうち一人が受け持っていたような場合には、その兄弟が遺産の相続割合を多めに要求するようなことがあります。生前に介護を行っていた労力を考えたうえで、割合が少ないと割に合わないと思ってしまうことが原因です。

長男が遺産を独り占めしてしまうような場合は、主に家制度の名残が強く残る田舎における相続で発生しがちです。土地や家などに遺産が集中してしまっている場合と同様に、綿密な話し合いによって妥協点を探る必要があると言えるでしょう。

いずれの場合にも、しこりを残さないように話し合いで解決することがベストではありますが、話し合いで結論が出ない場合も多いのが実情です。